宮崎・加江田の自然の中でおいしい紅茶はいかがですか?


by chevre

幸せの瞬間  ~スコーン~

 ティータイムに欠かせないお菓子の一つにスコーンがあります。
紅茶の本場イギリスでは、親が娘に最初に教えるお菓子がスコーンだとか。

 シオンでは紅茶の店にリニュアルになる以前から、
『スコーン』をティータイムにお出ししていましたが、
「お客様にもっとおいしいスコーンを・・・」と思い、東京へ飛び立ち・・・。
 スコットランド人のアン・スカジェルさんの講習を受け、
現在の『スコーン』になりました。
外側はさっくり、中側はしっとりのおいしいスコーンです。 

 このスコーンと紅茶のセットのことを「クリームティー」といいます。
スコーンにクロテットクリームを添えたことからその名がついたといわれています。
 食べ方は、スコーンを半分に割り、ジャム、クロテットクリームの順番にたっぷりと乗せて食べます。
スーッとクリームが溶け、ジャムとのハーモニーは、何とも言えない幸せの瞬間です。

 2歳の孫も遊びに来ると、「ばあちゃん、スコーンは?」と。
お客様と同じように、ジャムとクロテットクリームを乗せてあげると
「しあわせ!」と孫が一言。
そんな孫の顔を見て、自分も幸せな気持ちになります。 

 アン先生のレシピの最後には、
「愛情・優しさ1カップ、思いやり1つまみ」と書いてあります。
素敵ですね!!
 皆様も、シオンのスコーンを一度お試しくださいね。
e0055560_842246.jpg

[PR]
by chevre | 2009-12-11 06:45 | 紅茶のこと