宮崎・加江田の自然の中でおいしい紅茶はいかがですか?


by chevre

ちょっとした答え・・・。

今日、ある業者さんが集金に来られて、
その業者さんと一緒におばあさんがいらしたんですね。

聞いてみると、そのおばあさん最近本を出版されたとか。

私は恥ずかしながら知らなかったのですが
宮崎の赤江の飛行場からも特攻隊がいっていたそうです。
今回出版された本には、その特攻隊のことを書いた、と
おっしゃっていました。

語り部もされるようで
「なぜって、戦争は過去のことじゃないのよ」
「殺しあいたいと思ってなくても、
 戦争が始まれば、そうしなくちゃいけない、
 これは本当に不幸。
 私が知っていることを書いて、語っていかないと」

御歳80歳というその方は、
凛として、たくましく、そしてとても美しい。
私もこういう風に、何か使命をもって
力強く生きていきたいなぁ、と感じた出会いでした。

そのおばあさん、
最近、倉敷にあるレストランで食事をされたそうです。
そこは、地のものを使ったフレンチ。
それまで、帝国ホテルや有名なフランチレストランで
おいしいフレンチを食べた時の確かな感動も忘れがたいけど
それ以上に温かい感動があったとか。

「そう、あなたじゅぴあで見たけど、
 野菜をたくさん使ってがんばってるんでしょ?
 私でも食べれそうなフレンチ、これからもがんばってね」

もっと自信を持ってね。
そう、背中を押されたように感じました。

また一つ、いいことがありました~。
[PR]
by chevre | 2005-11-29 20:59